認可(認証)保育所・第三者評価Q&A -サービスの質の向上のために-①

Q1. 認可(認証)保育所は、毎年、第三者評価を受けなければならないのでしょうか?

A1. 東京都の補助金の加算を受けたければ、第三者評価を受審しなければなりません。

東京都は、事業者(保育所)が福祉サービス第三者評価に継続的に取り組むことを推進しており、(1)定期的かつ継続的な受審に努めること、(2)少なくとも3年に1回以上受審すること等を、方針として出しています。
また、東京都保育士等キャリアアップ補助金(社会福祉法人立等の保育所を対象とする補助金)の交付要件に第三者評価の受審が含まれるなど、東京都内の認可(認証)保育所は、3年に1回の受審が実質的に義務付けられています。
ただし、受審の支援策として費用の補助(実費・上限60万円等)が他の道府県より手厚くあります(指定管理等の運営形態や株式会社立等の設置主体によって違いあり)。
認証保育所に関しては、区市町村が受審費用を補助(東京都が区市町村に補助)するので、担当課に条件を確認するといいでしょう。

Top